世界陸上3000m障害で水たまり(水濠)はなぜある?何回通るの?水の深さは?

サムネイル画像スポーツ

2022年7月17日

世界陸上3000m障害で

ハードルを飛んだ後に水たまりに

バシャン!と入りそのまま走る姿がありました!

そこで今回は

  • 世界陸上3000m障害で水たまり(水濠)はなぜある?雨のせい?
  • 水の深さは?何回通るの?

についてみていきたいと思います!

それでは早速チェックしていきましょう!

世界陸上3000m障害で水たまり(水濠)はなぜある?雨のせい?

陸上競技3000m障害で

水溜まりがある理由は

実際の皮や水たまりを再現しているから」

水濠」という障害で

雨のせいではありません

初めて見ると驚いてしまいますよね。

前日に雨が降っていたので

「障害だから水たまりをそのままにしてるのかな〜」

なんて思っていたら

れっきとした障害物でした(^-^;)

水の深さは?何回通るの?

水濠はの深さはどのくらいあるのでしょうか?

男女ともに

最も深いところで0.7m

長さが3.66m

障害に近いほど深くなっているそうです。

男女ともに深さに変わりはないんですね。

障害物に近いほど深いそうなので

ハードルを飛んだあと

なるべく遠くに着地した方が

体への負担は少なくなるのかもしれません。

しかし

水溜まりがある障害は

全部で7回通らななければなりません。

通った後は水を含んだ靴が重くなって

走りにくくなるので

難関と呼ばれているそうです!

障害物にもいろいろな意味や種類があるんですね!

まとめ

今回は

「世界陸上3000m障害で水たまり(水濠)はなぜある?何回通るの?水の深さは?」

についてみていきました。

陸上競技3000m障害の水たまりは

  • 実際の皮や水たまりを再現している
  • 7回通らなければならない
  • 水深の深川は最大0.7m

であることがわかりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

気になるワードをチェック↓
スポーツ
chachaをフォローする
chachaip Labo
タイトルとURLをコピーしました