齋藤孝の著書で子どもの読書におすすめしたい本はどれ?若く見える訳は?

image知りたい!
スポンサーリンク

 

齋藤孝さんが、6月11日(金)23:30〜 フジテレビ系列の番組

『全力!脱力タイムズ【特別編・岡島さん密着ドキュメントの巻】』

に出演されます!

齋藤孝さんがどんな方か気になりましたので、調べてみました!

齋藤孝さんプロフィール

齋藤孝(さいとうたかし)※斉藤と表記されることもあります。

誕生日:1960年10月31日
出身地:静岡県
学歴:東京大学法学部卒
東京大学大学院教育学研究科選考修士課程満期退学
現職:明治大学文学部教授
専門分野:教育学・身体論・コミュニケーション論

参照:https://www.isc.meiji.ac.jp/~saito/profile.html

齋藤孝さんのホームページ掲載の著書数は、2011年までで、400冊近く出版されています。

今は2021年ですから、さらにものすごいたくさんの本を書かれていらっしゃるものと思われます。

そんな齋藤孝さんは、

書きたいことが湧いて湧いて、湧き上がってくる。
それはまるで、モーツァルトのようだ・・・

引用元:http://www.isc.meiji.ac.jp/~saito/profile.html

と表現されています。

さすが、文学部教授だな〜と思います☺️

たくさん執筆していらっしゃる方は、書くときにどんどん湧き上がってくるような感覚なのですね。

かつての文豪たちも、そんな感覚だったのでしょうかね〜。

とにかくものすごい数の本を書かれています。

そして、タイトルをざっとみただけでも、教育的な要素のある、ためになりそうなものばかりです。

齋藤孝さんの著書で子どもの読書におすすめしたい本はどれ?

齋藤孝さんは、教育学を専門としていらっしゃる方です。

お子さんには、NHKのEテレで放送中の「にほんごであそぼ」がよく知られているかと思います。

齋藤孝さんはなんと、この「にほんごであそぼ」の企画や監修をされていらっしゃいます!

私も子どもがいるのでよく見ていますが、大人が見てもためになり、おもしろい内容です。

そんな齋藤孝さんですから、子ども向けの、子どものためになる本もたくさん書かれています。

中でもお子さんの読書におすすめなのは、

 

「こども訳 シリーズ」です。

 

 

これまでに7冊出版されています。

以下新しいものから順に並べています。

(内側の画像が見つかったものは載せています。)

 

「こどもドラッカーのことば成果をあげる力が身につく!」
2019年2月発行 ¥1,650 日本図書センター出版

 

「こども自助論自分の力で人生を切りひらく!」
2018年6月発行 ¥1,650 日本図書センター出版

 

「こども武士道自分に負けないこころをみがく!」
2018 年1月発行 ¥1,650 日本図書センター出版

 

 

「こどもブッダのことば 悩みや不安にふりまわされない!」
2017年9月 ¥1,650 日本図書センター出版

 

「こども君主論 きびしい社会を生き抜く人になる!」
2017年3月 ¥1,650 日本図書センター出版

 

「こども菜根譚 逆境に負けない力をつける!」
2016年10月 ¥1,650 日本図書センター出版

 

「こども孫子の兵法 強くしなやかなこころを育てる!」
2016年3月発行 ¥1,650 日本図書センター出版

 

子ども向けにルビがふってあり、ゆるかわなイラストもあるので、親しみやすく、とてもわかりやすいです。

普通に読んだら大人でも難しいなと思う内容のものも、これなら優しく読めて、理解もしやすいですね!

私も子どもと一緒に読んでみたいと思いました☺️

 

齋藤孝さんが若く見える訳は?

齋藤孝さんをテレビや写真で見た時、年齢(60歳)のわりに、「若いな!」と思われませんでしたか?

私も「60歳!?」と思うほど若々しいなと感じました。

そのわけは、どんなものがあるのでしょうか?

調べたところ、

こんな著書があることがわかりました!

「一生サビない脳」」を作る生活習慣35:齋藤孝60歳が毎日やってる!
著書:齋藤孝
2020年ビジネス社出版

いつまでも若々しい脳でいられるよう、齋藤孝さんが日々の生活の中で感じたことをもとに、ちょっとした習慣や脳のためにできることを解説した内容になっています。

この「サビない脳」を作るための生活習慣を送られていることが、若々しさの秘訣なのでしょう!

頭を使うことが、体の若々しさにつながるのかもしれませんね。

私はまだ60歳ではありませんが、自分の中でも使えそうだなと思うことは試してみようかなと思います。

まとめ

今回は、齋藤孝さんについて見ていきました。

・齋藤孝さんは、明治大学文学部教授をされており、教育学・身体論・コミュニケーション論がご専門です。

・数多くの著書を出版されており、子ども向けの本もたくさんあります。

中でもおすすめなのは、

「こども訳 シリーズ」です。

有名なためになる本が子ども向けに翻訳されています。

・齋藤孝さんが若く見えるのは、ご自身で本を出されているように、「サビない脳」を作る行動を習慣にされていることが大きいのではないかということがわかりました。

 

齋藤孝さんの本は、面白そうなタイトルがたくさんあったので、筆者もチェックしてみたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるワードをチェック↓
こちらも読まれています
こちらもよく読まれています
知りたい!
スポンサーリンク
chachaをフォローする
chachaip Labo
タイトルとURLをコピーしました