Cö shu Nieの読み方や意味は?初のドラマ主題歌はバチェラー殺人事件!

image知りたい!
スポンサーリンク

こんにちは!

テレビ東京で土曜の夜に放送されるドラマ「サタドラ」(今年4月に新設したばかりのドラマ枠!)で7月から始まるドラマがとても面白そうだったのでチェックしていると、

主題歌次世代アーティスト「Cö shu Nie」が担当!といったような文章を見つけました!

「へぇ〜主題歌はCö shu Nieか〜…

って、Cö shu Nieってなんて読むの???誰?!」

と、ドラマの主題歌を歌うグループがすごく気になったので、調べてみることにしました!

7月スタートの「サタドラ」に関してもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

Cö shu Nie読み方や意味は?

Cö shu Nieは、「コシュニエ」と読むことがわかりました!

Cö shu Nie意味は無く、メンバーによる造語だそうです!

バンド名「Cö shu Nie」に関してさらに詳しく調べてみると、以下のこともわかりました!

Cö shu Nieに意味はないけれど、そこには「自分たちがCö shu Nieという言葉の意味になる」という思いが込められているそうです。

なんだか素敵ですね✨

ö(¨→ウムラウト表記)は、メンバーの中村未来さんが、「顔のようでかわいい」とつけたそうです!

Cö shu Nie」の表記は、お菓子屋さんのようなイメージで表したかったようですよ☺️

確かに、こんな看板のお店があったら、おしゃれなお菓子屋さんか、雑貨屋さんか、そんなイメージが湧きます。

中村未来さんはきっと、可愛らしいものがお好きな方なのでしょうね!

ここで、Cö shu Nie」のメンバーをご紹介しておきます。

Cö shu Nieのメンバー プロフィール

Cö shu Nieのメンバーの人数は、現在2人となっています。

2018年にメジャーデビューされています。

こちらの方々です!

↓↓↓

image
出典元:https://twitter.com/co_shu_nie/status/1407518810018500615/photo/2

中村未来さん(写真左、青い髪の方)

ボーカル、ギター、キーボードなどを担当
作詞・作曲を担当
誕生日:9月13日
血液型:A型
出身地:兵庫県
愛称:監督

松本駿介さん (写真右)

ベースを担当
誕生日:2月23日
血液型:AB型
出身地:兵庫県
愛称:しゅんす
初期メンバー

現在は2人グループですが、以前は3人組だったそうです。

2021年6月1日に、藤田亮介さんというドラマーが、ご自身の体調不良が理由で脱退されました。

脱退後に決まったドラマ主題歌だったのですね。

これまではアニメの主題歌(「give it back」:TVアニメ「呪術廻戦」第2クールED主題歌、『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』EDテーマなど)を担当されることが多かったそうですが、ドラマの主題歌を担当するのは今回が初めてのことだそうです!

その主題歌を担当したドラマについてもご紹介します!

スポンサーリンク

初のドラマ主題歌はバチェラー殺人事件!

「女の戦争〜バチェラー殺人事件〜」(サタドラ)7月3日(土)スタート

が、Cö shu Nie初めて担当するドラマ主題歌です!

曲タイトルは、「undress me」。

Cö shu Nieの中村未来さんが作詞作曲し、書き下ろしの作品になっています。

undress me」直訳すると、「服を脱ぎなさい」だそうですが…

バチェラーを奪い合う女性たちが身にまとう美しいドレスの下には、裏の顔を持った本当の姿がある…というような意味が込められているのでしょうか?

私はそんな気がしました。

ドラマに関しても気になったので調べてみました!

「女の戦争〜バチェラー殺人事件〜」は、大人気のリアリティ番組「バチェラー」(Amazonオリジナル番組)をミステリードラマにアレンジした内容となっています。

古川雄大演じる高スペックのバチェラーを、7人の女性(葵わかな、トリンドル玲奈、寺本莉緒、尾碕真花、北原里英、成海璃子、真飛聖)が奪い合い、最後はハッピーエンドではなく、バチェラーが殺されてしまうらしいという内容です…!

誰が最後にバチェラーに選ばれるのか、裏の顔や陰謀は…!?

もう、ワクワクしてきますね…!☺️

筆者も「バチェラー」のファンで、暇があれば見ていたので、ドラマも楽しみです!

女性たちの華やかなドレスや普段着も、見どころの一つなのではないかと思います!

司会役は、松大航也さんだそうです。

司会役は、本家の今田耕司さんのポジションでしょうか?お世話役?の坂東さんのポジションでしょうか…?

気になります!

こちらに関しては、またわかりましたら追記します!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「Cö shu Nieの読み方や意味は?初のドラマ主題歌はバチェラー殺人事件!」といった内容で見ていきました!

Cö shu Nieは、「コシュニエ」と読みます。「Cö shu Nie」という言葉には意味はなく、造語であり、自分たちがこの言葉の意味になるといった思いが込められていることがわかりました。

初のドラマ主題歌は、Cö shu Nie書き下ろしの「undress me」であることがわかりました。

番組はおもしろく、楽曲はドラマの雰囲気にあっていてとても良い曲なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

Cö shu Nieはビジュアルも歌声もインパクトがあるので、今後大ブレイクするかもしれませんね!

今後のご活躍にも期待していきたいと思います!

それでは、本ブログは以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるワードをチェック↓
こちらも読まれています
こちらもよく読まれています
知りたい!
スポンサーリンク
chachaをフォローする
chachaip Labo
タイトルとURLをコピーしました