大塚桃奈CEOの経歴や実績は?ごみゼロビジネスでミライクリエイター出演

image知りたい!
スポンサーリンク

テレビ朝日の、サンドウィッチマンさんがMCの新番組、「ミライクリエイター」に出演される、

大塚桃奈さん。

なんと、24歳という若さにして代表取締役を務めていらっしゃいます。

ゴミをゼロに!ゴミを資源として再利用しよう!という目的でビジネスを展開する、若き女性CEOです。

この若さでどのような経緯で会社を立ち上げたのでしょうか?

大塚桃奈さんがテレビ番組「ミライクリエイター」に出演することが分かったので、

今回は、ゴミをゼロにする活動をビジネスにした大塚桃奈CEOの経歴や実績、「ミライクリエイター」出演情報についてご紹介します!

スポンサーリンク

大塚桃奈CEOの経歴や実績は?

image
出典元:https://telling.asahi.com/article/14343014

経歴

大塚桃奈(おおつか ももな)
誕生年:1997年
年齢:24歳
出身地:神奈川県湘南

大塚桃奈さんは、もともとファッションが好きで、ファッションデザイナーになることを目指していたそうです。

小学校の頃からファッションが好きだったそうですが、中学1年生の時に、都内にある職業体験ができる商業施設、「キッザニア」が主催するファッションデザインコンテストでグランプリに選ばれたそうです。

大塚桃奈さんが描いたデザイン画が実際に製品化したことで、デザイナーと言う仕事に魅力を感じ、本格的にデザインの勉強を始めたそうです。

筆者もファッションが好きで、学生の頃はファッションデザイナーやスタイリストに憧れていました。ミシンを覚えて洋服を作ったり、ノートにデザインをしてみたり…ですが、夢のまま終わりました。

大塚桃奈さんは、デザイン画のコンテストでグランプリに選ばれたことで、きっとファッションの道へ進むことへの自信にもなったと思います。

気になるのは、ファッションデザイナーからなぜゴミの会社へ就職することになったのかということです。

ゴミや環境の分野へと進むことになったきっかけは、高校生の時に「トビタテ!留学JAPAN」を利用して、ロンドン芸術大学に6週間留学したことだったそうです。

「トビタテ!留学JAPAN」とは、文部科学省が取り組む留学を促進するための企画です。

「トビタテ!留学JAPAN」では、「学んだことをどうすれば社会に還元できるかを考えた上で勉強する」ということが求められていたそうで、服が作られる過程や環境にも目を向けるようになったそうです。

今自分が何気なく着ている服が、どのような過程で自分の手元にやってきたのか。

この裏側の事情を知り、環境問題や労働問題などといった社会的問題について知る必要があると感じたそうです。

そこから、サステナビリティ(世の中を持続可能にしていくという考え方)に興味を持ち、国際基督教大学卒業後に新卒でBIG EYE COMPANEYのCEOとなり、2020年5月30日(ごみゼロ)に徳島県上勝町で環境型複合施設「上勝町ゼロ・ウェイストセンター WHY」の運営を開始しました。

「上勝町ゼロ・ウェイストセンター WHY」は、上空から見ると「?」の形をしています。

赤いはてなマークが印象的なので、もしかしたらテレビなどで見て覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。

45種類のゴミの分別場所と、ホテルもあるそうです!

ごみの分別場とともにホテルがあるとは、新しいですよね!

大塚桃奈さんはデザインの勉強をされていただけあって、施設は木彫であったり、分別カゴの置き方が積み上げる形になっていたりと、おしゃれな内装になっていました。

「上勝町ゼロ・ウェイストセンター WHY」は山間の小さな村にあるので、こういったホテルがあるとちょっとした観光にも良さそうですね!

スポンサーリンク

実績

徳島県上勝町は、2003年から日本で初めて「ゼロ・ウェイスト(廃棄物ゼロ)宣言」を行った自治体です。

大塚桃奈さんは「上勝町ゼロ・ウェイストセンター WHY」の責任者となり、上勝町全体の「ゼロ・ウェイスト」を発信しています。

上勝町の「ゼロ・ウェイスト」実績は、リサイクル率が約80%だったそうです。

日本全体のリサイクル率は19%だと言うので、80%はもう、ほぼリサイクルしているといっても過言ではないです。

大塚桃奈さんは、残りの20%に関しては、住民がどんなに頑張っても限界のあるゴミもあるので、これに関しては商品の販売元企業などと協力していく必要があるとの見解を示されています。

上勝町ではゴミ収集車で回収することをせず、自分たちでゴミを集積場まで運んでいくことになっているので、高齢の方は特に大変なこともあるようです。

上勝町ではゴミ収集車が走っていないということには驚きました。

でも、自分でゴミを出しに行って、細かく分別していたら、物をもっと大事に使おうという気持ちが生まれてくる気がします。

今までは「プラスチックだけど汚れてるから燃えるゴミにしちゃおう」なんていう考えでいることもありましたが、洗って綺麗になるならちゃんとプラで出さなきゃなと考え直させられました。

大塚桃奈さんは、2030年までにリサイクル率100%を目指して取り組んでいかれるそうです。

ごみゼロビジネスでミライクリエイター出演

大塚桃奈さんが、

発進!ミライクリエイター」

に出演されます!

番組内では、リサイクル実績の最新情報や、大塚桃奈さんの新たな取り組みが分かるかもしれませんね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、大塚桃奈さんについて見ていきました。

大塚桃奈さんは、もともとファッションの道に進もうと学ばれていましたが、留学を通して「サステナビリティ」に興味をもち、ゴミの再利用で社会的な問題を減らす活動をするために「上勝町ゼロ・ウェイストセンター WHY」の責任者になりました。

上勝町の「ゼロ・ウェイスト」の実績は、リサイクル率が約80%であることがわかりました。

大塚桃奈さんが、発進!ミライクリエイター」に出演されることがわかりました。

大塚桃奈さんから日本全国に、ゴミをはじめとした環境問題の情報発信を広げてもらい、より良い世の中になっていったら良いなと思います。

大塚桃奈さんの今後の取り組みに注目していきたいと思います!

それだは本ブログは以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるワードをチェック↓
こちらも読まれています
こちらもよく読まれています
知りたい!
スポンサーリンク
chachaをフォローする
chachaip Labo
タイトルとURLをコピーしました