喜田純鈴(きたすみれ)選手の経歴は?メダルは?すっぴんが気になる!?

サムネイル画像知りたい!
スポンサーリンク

こんにちは。

オリンピック後半で楽しみにされている方も多い、新体操から、喜田 純鈴きたすみれ)さんについてご紹介したいと思います!

あなたは、「喜田 純鈴」さんという名前、読めましたか??

私は初めて見たとき読めませんでした!

純粋の「純」に、「鈴」で「すみれ」さんという、なんとも綺麗なイメージのとっても素敵なお名前ですね!

きっとご両親が大切に考えてつけてくれた名前なのでしょうね!

それでは、経歴、東京五輪でのメダル獲得について、すっぴんについて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

喜田純鈴(きたすみれ)選手の経歴は?

image
出典元:https://twitter.com/jijicom/status/1185831873995390976

生年月日:2001年1月11日
年齢:20歳(2021年現在)
出身地:香川県
身長:160cm

体重:39kg

所属:エンジェルRGカガワ日中/国士舘大学

喜田 純鈴さんは香川県に生まれました。

なんと、喜田 純鈴さんのご両親も新体操選手です!

母親の喜田志保さんは、2007年より喜田 純鈴さんが所属する、エンジェルRGカガワ日中の講師をされています。

image
出典元:https://angel-rg.com/teacher/

父親の喜田和敏さんも元男子新体操選手だったそうです。

生まれた時から新体操と縁があったのですね!受け継いだ血もすごいのでしょうが、喜田 純鈴さんの周りの環境やご本人の努力がさらにすごい喜田 純鈴さんを作り上げてきたのでしょうね!

喜田 純鈴さんは、体操協会日本代表特別強化指定選手に選ばれています。

日本を代表する選手だということですね。

新体操の成績です↓

2020年 日本体操協会新体操特別強化選手
2013~2015年 全国中学校新体操選手権 個人総合優勝
2013~2015年 全日本ジュニア新体操選手権 個人総合優勝
2016年 第14回アジアジュニア新体操選手権 個人総合優勝、種目別ロープ・クラブ 優勝
2017年 第35回世界新体操選手権 個人総合12位、種目別フープ 7位
2018年 全日本新体操選手権 個人総合優勝
2019年 全日本新体操選手権大会個人総合優勝(二連覇達成)
引用元:https://angel-rg.com/teacher/

日本では全て優勝総なめですね!!

実は、喜田 純鈴さんには喜田未来乃(みらの)さんという4つ下の妹がいらっしゃって、彼女も日本体操協会のジュニア個人強化選手に選ばれています。

姉妹揃って強化選手に選ばれ、日本代表として期待されているなんて、本当にすごいですね!

妹の喜田未来乃(みらの)さんは現在高校1年生です。

「姉が良い手本になっている」とおっしゃっていて、姉の後に続いて、オリンピックに出場されるのではないかと思っています。

新体操は、4歳からエンジェルRGカガワ日中で劉 宇(リュウ・ユ)講師の元、これまで練習をされてきました。

強化選手に選ばれてからは、新体操の強豪ロシアへ渡り、練習されてきました。ロシアでは基本的なことから表現力、高難位の技など、多くのことを学ばれてこられたものと思います。

ロシアへ留学した喜田 純鈴さんですが、東京オリンピックを目指す環境として選んだのは、地元の香川でした。

4歳からこれまで新体操を教えてきてくれた、絶大な信頼を置いている劉 宇(リュウ・ユ)コーチのもとでオリンピックを目指すことを決めたのです。

劉 宇(リュウ・ユ)コーチは、9歳より中国ナショナルチーム在籍し、中国ジュニア選手権1位、四大陸選手権ボール種目で1位など、中国国内外で優秀な成績を収められてきた方です。

厳しい中にも愛情のある指導で、多数の大会上位者を輩出しているコーチです。

喜田 純鈴さんと劉 宇(リュウ・ユ)コーチ練習では、一つのミスもしないように練習されてきたそうです。

週6日、6〜8時間の練習で、ほぼ一日中新体操の練習に励んできました。

演技構成は、技を増やし、難しい技もどんどんと入れてきたそうです。

オリンピックでの演技構成はきっとものすごいものになっていることでしょうね!

喜田 純鈴さんにとって、これ以上ないくらいの演技構成になっているのではないでしょうか!?

得意なのは、180度以上の開脚だそうで、ジャンプの時に脚がそり上がっています!

足を上げるバランスも、Y字ではなく、ピンと綺麗なI字になっています。

演技や技にも注目ですね!

2年前に、大岩千未来(おおいわ・ちさき)選手などライバルを勝ち抜いてオリンピックの数少ない出場枠を取りにいかなければならない、そのために頑張りたいとおっしゃっていた喜田 純鈴さんですが、見事その切符を手に入れることができました!

東京2020オリンピックでは、ライバルの大岩千未来(おおいわ・ちさき)選手と喜田 純鈴さんの2人が個人種目に出場します。

 

スポンサーリンク

 

メダルは?

喜田 純鈴さんは、東京2020オリンピックで新体操個人に出場されます。

個人に選ばれたのは日本では2人だけなので、その権利を勝ち取った喜田 純鈴さんは本当に頑張ったんだなと思います。

東京五輪の結果は、わかり次第追記します!

すっぴんが気になる!?

新体操といえば、濃いメイクが印象的ですよね!

あのメイクは、審判が遠くから見た時に表情がよく見えるようにするためでもあり、団体では選手5人全員が同じような顔に見えるようにすることで統一感を出すためのものなんだそうです。

選手は自分でメイクをするのですが、ほぼ同じ顔になるようにメイクの講習を受けています。

そんな、濃いメイクをする前のすっぴんの姿が気になりますよね。

メイク時です↓

image
出典元:@smr0111インスタグラムより

劉 宇(リュウ・ユ)コーチとのツーショットですね!

喜田 純鈴さんのすっぴんの素顔を見ていきたいと思います!

高校生の頃です↓

image
出典元:https://twitter.com/kagawaolives/status/1070654782509989895/photo/1

話題にもなっていましたが、高校生の頃の写真は、見え方によっては秋篠宮眞子さまに似ている感じがしますね!

少しつり目気味なところと、口角が上がっているところが特徴的で似ているでしょうか?

18歳の頃です↓

image
出典元:https://www3.nhk.or.jp/sports/story/808/index.html

2021年7月現在です↓

image
出典元:@smr0111インスタグラムより

20歳になり、お顔立ちも大人っぽくなりましたね!

調査の結果、メイク前もメイク後もそんなに変わらないのでは?!というくらいはっきりとした可愛いお顔立ちであることがわかりました!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、新体操女子日本代表、喜田 純鈴選手について見ていきました。

・喜田 純鈴さんの経歴は、香川県生まれ、4歳の頃より現在専属のコーチでもある劉 宇(リュウ・ユ)コーチとオリンピックを目指してこられ、今回の出場が決まりました。

・東京五輪でのメダル獲得については、わかり次第追記します。

・すっぴん顔については、メイクしてもそんなに変わらないくらいにはっきりとしたお顔立ちで可愛いことがわかりました。

喜田 純鈴選手のオリンピックでの演技に注目したいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるワードをチェック↓
こちらも読まれています
こちらもよく読まれています
知りたい!
スポンサーリンク
chachaをフォローする
chachaip Labo
タイトルとURLをコピーしました